上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽しく拝見させていただいている調査士さんのブログで「コンビニ形態の調査士法人(司法書士法人併設)」なるものの記事を見てからいろいろと法人について考えてみた。

まず法人とはどのようなものかというと、たとえば調査士が3人いた場合。
①3つの独立した調査士事務所ができる。
②1つの合同事務所ができる。
これが今までの形 法人化の場合は
③1つの調査士法人で3店舗以下のお店ができる。
と言うことである。

ここで思うことは、正式な形をとっている場合、3人の調査士は共同経営者であり、全員取締役として定款その他を話し合える同等な地位を持つ。(もともと調査士たるもの資格をとったら経験の違いはあれど基本は同等の地位を持つと考えられている。)
そして決まりとして、調査士法人の中にいる調査士は、すべての仕事を法人の仕事として受けなければならない。知り合いの依頼であれ、息子の依頼であれ全部法人として仕事をし、利益を法人の収入としなければならない。

さて・・・ここまでを踏まえて大まかに

長所(定款次第で何とでもなる?)
 ・もし今月自分の支店に売り上げがなくても、法人として儲かっていれば給料が貰える(はず。)
 ・もし自分が営業をしなくても、会社として営業が成り立てば仕事は入ってくる(はず。)
 ・集客に対して、規模が大きいことをアピールできることは営業の場面で優位(なはず。)
 
短所(取締役の関係性で変わる?)
 ・もし自分だけがたくさん仕事をしてもみんなで分けないといけない。(のか?)
 ・もし法人の評判が悪くなったら自分に責任がなくても売り上げが落ちる。(かも?)
 ・法人だからといって雇われてるわけではないので、安定した給料になるかは取締役全員次第(かな?)


そして・・・もっと問題?なのが
実は、取締役の中か、もしくは影のオーナーがいて、ただの雇われ調査士なのかもしれない?
じっさいに法人の調査士募集にはそうなんじゃないの?ってうたい文句の募集があったりします。(考えすぎかどうかはわかりません。)

補助者として雇われる分には仕事があってしかも法人に雇われるほうがいろいろ都合がいいかもしれません。(保険とか。)
でも資格者はどうなんでしょう。雇われること自体はありえないはず・・・ですよね?
ただでさえ責任の重い仕事のリスクがさらに増えることと、そのリスクと同じだけの営業幅の増加が見込めるかどうか、そして何より一緒に法人を作って行く相手が本当に一生のパートナーとできる人間かどうか・・・
ただ大きくすればと考えることはできないと思うのです。

コンビニ展開は成功するのでしょうか・・これからを見たいと思います。

(もとの記事が気になる方はコメントに書いてください。笑)




スポンサーサイト
最近まで知らなかった事がもうひとつ。 これも実務に役に立つので、あえて知らなかった恥をさらしましょう。(そしてこれで絶対忘れない)

表題登記をすると、保存登記のときに登録免許税が安くつくように市役所で、租税特別措置法の免税措置に必要な証明書(家屋証明)を貰うのですが、対象は「新築されたもので1年以内の居宅、もしくは、新築後使用されたことのない建物で、取得後1年以内の居宅。」だけだと思ってました。
ところが証明書は居宅と居宅以外(店舗・事務所等)が一体の建物でも居宅の部分が90%以上の場合は、証明が出ると教わりました。
(先生はこのことをわたしには一切指摘しなかったのですが・・・・知っていたのか知らなかったのかは謎です。汗)

お客さぁん おかげで登録免許税が1000分の1.5に軽減されましたよぉ~~(^^)ノ 
↑もちろん・・このブログを見てるはずはない。(たぶん 笑
前回書いた地図のないところの建物表題登記の結末を書いてなかったので、覚えもかねて報告させていただきます。

登記官と話し合ったらなんと「できれば地図訂正でその建物の敷地を隣の区域の地図にくっつけて申請してほしい。」的なことを言われました。
建物の表題登記をするためにお客さんに土地の測量を強制するなんてできるわけもなく。(どう考えても行政側の不備? 「不動産登記法 第十四条 登記所には、地図及び建物所在図を備え付けるものとする。」が原則でしょう。)
ほかの手段は?と聞いたところ
①街区基準点・もしくはGPS測量をして建物の角等を世界測地系で表示する。
②DID地区外なら近くのマンホール等恒久的地物からの距離を表示する。
の二つを提案されました。

もちろんDID地区外ですし表題登記よりお金のかかるGPS測量なんて依頼人に負担をかけるわけにも行かず、トータルステーションで家角とマンホール及び近くの公的建物の角からの距離を測量して図面に表示する形で建物図面を作成して申請しました。

もちろん無事に登記を完了してひと安心。(笑

うちの先生に聞くと、地図がまったくなかった場所じゃないけど、昔よそで地図混乱区域内の建物をやったときも同じやり方で何件かやったからそうなると思った。と・・・

びびったのはわたしだけ? まだまだ経験値低いなぁ・・私。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。